事故を防ぐエレベーターの保守点検|安心メンテナンス

安全と安心のために

作業員

法律で決められている基準

普段何気なく使っているエレベーターですが、もし点検ミスで事故があったら怖いですよね。エレベーターの点検は、過去に起きたエレベーターの死亡事故などをきっかけに建築基準法の基づく保守点検、定期検査、適切に管理されるよう法律で定められました。検査員も、一級建築士、二級建築士または昇降機検査資格者にしか実施できません。建築基準法で定められているのは年に1回で、それ以外の検査は業者によってまちまちで1ヶ月に1回のところもあれば、半年に1回のところもあり、ほとんどバラバラが現状のようです。点検頻度があがるとメンテ費用ももちろん上がります。エレベーターはあまり壊れるものではないと思いますが、頻度を下げて、もし、事故が発生した時のことを考えると怖いですよね。エレベーターの年数なども含めて、業者とよく話をして、適切な期間で検査しておくべきですよね。

契約

法律で年に1回と決められていても、年に1回だけではやはり不安ですよね。ここでいう点検とは、検査員が現地で点検することを示すのですが、それ以外でも今般の業者は、電話回線などを使って遠隔操作でこまめに点検(遠隔監視)をしています。真夜中に遠隔操作し、正常に動作しているかチェックしています。点検の契約には、フルメンテナンス契約とPOG契約という2通りがあります。フルメンテナンス契約は、通常使用しているなかでの部品の取り換え、修理を含んだ契約(全部お任せの契約)で、故障や部品交換のたびに、契約しなおす必要はありません。POG契約は消耗部品付契約のことで、定期検査、消耗品の交換は含まれますが、それ以外の部品の取り換え、修理は別費用となる契約です。契約金自体はPOG契約の方が安いですが、別途、もしもの修理のために、予算を準備しておく必要があります。一般的に、フルメンテナンスの契約をする方がほとんどのようです。やはり、皆、安心、安全のために費用を惜しんではいけないと思っているのでしょう。